30才の成人式inいわき  いわき市ワシントンホテルにて
2013年12月30日
  • 今日は「30才の成人式」が大変盛大に開催され、誠におめでとうございます。小平会長はじめ、企画・立案・実行された実行委員会の皆様のパワーに、心から敬意を表します。

 

  • 今や人生90年の時代です。90年を三つに分けるとして、皆さんはその第一ステージが終わったところ。いわば修業時代が終わり、これからは社会の中軸とし て、仕事に家庭に趣味に、大いに活躍する、次のステージに入るわけです。私のことをちょっと申し上げると、30歳の時は結婚して子育てがはじまり、会社の 仕事の関係で南米のブラジルに住んでいました。その後35才でUターンを決意していわきに戻り、それがキッカケで市会議員や国会議員をやらせていただくこ とになりました。そういう意味では、30代は人生の転機にもなり得る時期とも思います。

 

  • そういうことを踏まえて、今日は第二ステージの入り口に立つ皆さん方に、三つのメッセージを送りたいと思います。一つ目は「人はそれぞれ、自分は自分」と いうことです。それぞれの人生は違って当たり前。他人のことは羨んだり、蔑んだりせず、自分は自分、ゴーイング・マイウェイ。そう割り切れば、何も怖いこ とはありません。二つ目は「人は褒めるに限る」ということです。人間一番うれしいのは、評価された時、褒められた時です。そのうれしいことを人にやってあ げる。そうすると必ずプラスの反応が返って来ます。人間関係がスムーズに回り始めます。ネクタイでも髪型でも、ちょっと褒める。それを心がけていただきた い。三つ目は「なるべく本を読む、なるべく歩く」ということです。私が知っている限り、本を読まないでそれなりの立場に着いた人はありません。毎日本を開 いてもらいたい。また歩くことは動物としての人間の基本です。歩けば頭も回転する、胃腸の調子もよくなる、足腰の筋肉も付く。心身の健康のために大いに歩 いてください。以上三つのメッセージを皆さんに送りたいと思います。参考にしていただければ幸いです。

 

  • それでは今日の30才の成人式のご成功、そして皆さん方の前途に幸多からんことを祈念して、ご挨拶といたします。有難うございました。
吉田泉のスピーチ アーカイブ


SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法