ひとやすみエッセイ◆7◆「夏の思い出」
2015年10月08日

 今年の夏は大変暑く雨も少なかった。そんな中、父の新盆だったこともあり、お盆の前は連日実家に行って、汗をかきながら片付けや準備をした。幼稚園に行っている孫(男の子)も夏休みなので、毎日顔を合せる。暑いので水遊びばかりしている。遊びながら「ジージー何かやろう?」と言うので「よし、何かいい考えを出そう」「うん」・・・「いい考え出た?」「水撒き用のシャワーを使って、アヒルの赤ちゃん人形を動かすのはどうだ?」「じゃウォータースライダーとジェットコースターにしよう?」「まず設計図が必要だ」「わかった!」と言って、何やら流れるプールのような図面を書いてきた。

 真夏のプロジェクト、設計は決まったので、材料集めに取り掛かる。まず孫が赤ちゃんの時に使った小さな滑り台が倉庫にあったので、それをレンガの上に載せてジェットコースターということにした。滑り落ちてくるアヒルが着地する所には、昔のカナダライを置いてプールにした。問題はウォータースライダーだ。ペットボトルをハサミで切って繫いだが、うまくいかない。実家はお茶屋で、ちょうど廃棄したばかりの古いお茶詰め機械の筒先が4本ばかり庭先に置いてあった。それを針金でしばって繫いだらウォータースライダーみたいなものになった。それをフェンスに括りつけ、スタート台になる板を載せ、滑り台とプールをつないで、プロジェクトは3日がかりで完成した。

 スタート台に赤ちゃんアヒルを載せ、後ろからシャワーで押してやったら、赤ちゃんは4本の筒の中を潜り抜け、滑り台を滑り落ち、空中を飛んで、無事カナダライに着水した。「成功だ!」「うん」・・・「じゃーまた別のを作ろう」「えーっ」「早くいい考え出して!」「よーし」しかし、お盆がやって来て、終わって、涼しくなって、幼稚園も始まり、結局あれが今夏一番の思い出プロジェクトになった。

 8月某日、ある老人福祉施設の皆さんの納涼会にお呼ばれして、楽しいひと時を過ごす機会があった。私の前に座っていたしっかりした感じの女性から「吉田さん、私は以前べつの施設で働いていたんですが、そこに来たことあるでしょう」「ああ、ありますよ。そこでうちの母がお世話になっていたので」「お母さんはカタカナでトシさんですか?」「そうですよ」「うわー懐かしい!私が担当だったんですよ」「ええ?そうですか!お世話になったね~。最後は目を閉じたままで、お話も出来なかったから、随分と迷惑かけたでしょう」「いいえ、そんなことより懐かしいの一言です。毎日スキンシップをしていると、お話は出来なくてもそうなるんです」「うわー有難う」

 3年半前に亡くなった母は、晩年の数年間を施設のお世話になった。極力顔を出そうとしたが、目を閉じたままなので、会ってもほんの10分位で引き上げることが多く、施設任せだった。色々迷惑を掛けたのだろうと陰ながら心配していたのだが、お世話していた介護士さんに「懐かしい」「いい人でしたよ」と言っていただいて、何か心のつかえが取れたように感じた。そう言えば、その施設の壁には「年寄りの知恵に学び、ささやきに耳を傾けよ」と書いた紙が張ってあった。介護士さん達は耳を傾けてくれていたのだった。暑かったけれどいい夏が、終わった。

(りいど27年10月号掲載)

吉田泉のエッセイ


SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法