「丸山智美さんを偲ぶ会 」 いわきワシントンホテルにて
2014年10月05日
  • 今は亡き丸山智美さんの御霊に、心から哀悼の誠を捧げます。 丸山さんと初めてお会いしたのは今から十五年前でした。当時私は市会議員を務めており、その母体である「いわきを変えるゾ市民の会」に、塩見幸子さんのご紹介で常勤スタッフとして入っていただいたのが、丸山さんでした。 その後、私は市会議員から民主党の国会議員への道を進むことになりましたが、その私と一緒に、丸山さんも民主党福島第五総支部に移ってくれ、それ以来そこの常勤スタッフとして誠心誠意、一生懸命、働き続けてくれました。 今年の七月末には、国会議員十周年の大きな集まりを開いていただきました。丸山さんは、それを十分に仕切ってくれた後、八月から休む日があるようになり、九月八日には自宅で倒れ、福島労災病院に入院、その四日後の九月十二日になんと急逝ということになってしまいました。 一年前から軽い眩暈を訴え脳腫瘍の通院治療をしていた丸山さんにとって、十周年のイベントが命を縮める一因になってしまったのではないか、申し訳ない想いが残ります。

 

  • 私にとって、丸山さんは病院に例えれば看護婦長さんのような存在でした。政治の事務所ですから、ビックリするような電話もかかってきます。しかし丸山さんはひるむことなく、ゆっくりした口調で、にこやかに対応してくれました。度胸があったのだと思います。 また曲がったことが大嫌いの正義派でした。正義感が強くて事務所に来てくれる人とぶつかることもあった位でした。 一方で好きな政治家は一に小沢一郎、二に吉田泉と、幅広かったのも彼女の人間性かと思います。一緒に働いていた鳥居、須藤、長瀬の三人にとっては、実社会におけるお母さんのような存在でした。特に丸山さんの後を引き継ぐ須藤さんにとっては、新卒社会人として茗荷屋株式会社に入社した時以来の先輩だったとのこと。丸山さんの明るくそしてしっかりした仕事ぶりをきちんと引き継いでくれるものと思っております。 また事務所の仕事を助けていただいた「折姫」という名前のシニアグループの皆さんからは、会話が弾む、妹のような存在として、大変可愛がられていた様子が鮮明に思い出されます。

 

  • 丸山さんは一九四六年九月五日、いわき市四倉に十人兄弟の末っ子として生まれました。四倉高校を卒業後、東京オリンピックの翌年になりますが、高度成長真只中の東京に行き、首都高速道路公団に入社、結婚もして裕君と奈津子さんの母となりました。その後いわきに戻り茗荷屋勤務を経て、我々の事務所に来てくれた次第です。お二人のお子さんも今や立派な社会人として、仙台でそして東京で大活躍中です。

 

  • 明るくしっかり者のまるちゃん、長い間本当にご苦労様でした。 有難うございました。あなたの御恩を私達忘れることはありません。どうぞ安らかにお眠り下さい。そして高い所から、われわれの活動をお見守り下さい。あらためて心からご冥福をお祈りして、弔辞といたします。

 

少年剣道大会
2014年08月10日
  • 今年も丹羽旗少年剣道大会が盛大に開催されることになりました。誠におめでとうございます。坂本会長はじめ関係者の皆様の長年のご努力に心から敬意を表します。

 

  • 大震災から3年経ちました。多くの方々の力合わせにより、一歩一歩、福島の復興は前へ進んでいますが、それでも災害の傷跡は大変深いものがあります。長期戦になってきました。そんな中での希望は、何と言っても、若い世代が健康に、力強く、成長している姿であります。

 

  • 「心・技・体」という言葉がありますが、若い皆さん方が鍛えるべきはその三つでしょう。そしてそれに最適なのが、スポーツ、とりわけ武道かと思います。一方で「好きこそものの上手なれ」という言葉もあります。練習や稽古は辛い時もありますが、好きであれば、それを乗り越えることも容易になり、そうすれば腕も上達するということだと思います。

 

  • 少年剣士諸君がますます剣道を好きになり、稽古に励み、そしてその成果を十分発揮されますよう、さらには本大会の大成功と関係皆々様のますますのご健勝を祈念して、ご挨拶といたします。
「吉田泉国会議員10周年と出版を祝う会」 いわきワシントンホテルにて
2014年07月27日
  • 今日は大変荒れ模様の日になりましたが、こうして10周年の会を開いていただき、避難中の方々も含め大勢の皆様にお集まりをいただきました。また菊池哲郎教授、玄葉先生、双葉の町長・議長、さらには商工会議所会頭を始め、各界の錚々たる来賓の方々に大きな花を添えていただきました。心から御礼を申し上げます。

 

  • 皆様に支えられて10年。大震災や政権交代があった激動の10年でした。今回、毎月書いてきた国会だよりを中心に、小さな本も作ってみましたが、その題は「フクシマ常識論」といたしました。私は、政治とはお互いの常識を競うもの、長い目でそして広い目で見てどちらがより常識的かを競う行為、と考えていますが、フクシマ復興の常識はこうではないかと吉田が考えたことを書いてきたつもりです。

 

  • また今日は抽選会があるというので、色紙も数枚用意いたしました。先日、平のとあるインド料理屋に入ったら、壁にガンジーの言葉というのが貼ってありました。「善きことはカタツムリの速度で動く」というのです。ハハーン!福島の復興にぴったりの精神ではないかと思い、色紙にはカタツムリの歩み「蝸歩」と書きました。いま、中間貯蔵施設そして復興公営住宅等の建設が大きなヤマを迎えています。一歩一歩前へ前への精神で進んで参りたいと思います。

 

  • さて政治のほうは一強他弱の状況を打開すべく、民主党内でも色々議論をしているところです。先日の常任幹事会で、あるベテランの大幹部が「民主党はもはや過去の政党だ。このままではジリ貧=ユデガエルだ。もっと打って出なければならない。」と発言しました。私もこのところ同じ感想を持っています。小選挙区が続く以上は二大政党が要求されます。野党の選挙協力から再編へ、もっと民主党が汗をかき、頭を下げる。待っていては置いていかれる、そう思います。そんな気持ちで秋の臨時国会に備えて参ります。

 

  • それではこの辺でご挨拶は終わりにしますが、今日は、これからの避難・帰還そして復興についてどうぞゆっくりご歓談いただき、明日への英気を大いに養っていただきたい、心からお願いして、吉田のご挨拶といたします。有難うございました!
民主党福島5区総支部定期大会 いわき市労働福祉会館にて
2014年03月22日
  • 今日はいわき市、双葉郡そして避難先の中通りからも、この5区大会にお集まりいただき、誠に有難うございました。またご来賓の皆様には大きな花を添えていただきました。心から感謝申し上げます。

 

  • (福島復興)
    大震災から3年です。先月には常磐道の広野―富岡間が再開通、そしてあと1年で全線開通との見通しも示されました。やっとここまで来た、もしくはよくぞここまで来た、との感慨を多くの方が持ったと思います。関係者のご労苦をねぎらいたいろ思います。 一方、指示避難10万人、自主避難4万人、合計14万人の方々の避難の長期化、心身の疲労が大きな問題です。福島県民、特に浜通りの人間同士で互いに声を掛け合い、励まし合っていかねばなりません。 また汚染水対策そして廃炉を早く軌道に乗せることが根本であること、論を待ちません。 1ミリ論争も続いています。リスク学の中西準子氏にならって、「1ミリでもリスクはある。しかしそれを心配してストレスを貯めるリスク、閉じこもるリスク、酒やたばこに走るリスクの方が、格段に大きいですよ」ということを説明し続けなければなりません。いずれにしろ福島の復興は長期戦、焦らず、あまり怒らず、そしてあきらめず、やって参りましょう。

 

  • (国会)
    さて国会の方は予算が成立し、次の大きな論点は、トルコとの原子力協定さらには再稼働などの原発関連問題。そして集団的自衛権や憲法改正の問題です。私はこういう微妙な問題については、頭から反対というよりは、一応認めつつ部分的に手を加えていく、というのが、政権与党を経験した民主党の立つべき位置かと思っています。 ただカチンと来ていることも申し上げると、今の安倍政権の強権的な姿勢です。来週、中学校の社会科の教科書に関する法案審議がありますが、この問題で従わない沖縄の竹富町などをいじめてどうするの、と思います。いろいろご意見をいただきたく思います。

 

  • (選挙)
    今年は秋に知事選と県議補欠選があります。民主党は現職知事意向をまず聞く方向です。6月頃にはハッキリすると思います。この非常時の福島県知事に求められるのは、やはりバランス感覚です。パフォーマンス大好きやヒステリックなタイプでは困ります。補欠選については人材はいるわけですが、環境が整うかどうか、つまり逆風が止むかどうか。その頃には野党再編もあり得なすので、その辺りを見ながら対応してまいります。 それでは今日も活発な議論をお願いしまして、冒頭のご挨拶といたします。
吉田泉のスピーチ アーカイブ


SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法