■ 音 楽
クリフォード・ブラウンのトランペット
知人の展覧会を訪ねて初めて「中野ブロードウェイ」(東京・中野駅前)という所へ行きました。CDや時計などの小さなお店がビッシリ並んでいるのにビックリ、そこで何枚か中古CDを買いました。その内の1枚が「CRIFFORD BROWN and MAX ROACHI at Basin Street」(1956年)です。50年以上前の演奏ですが、「ブラウンのトランペットは信じ難いばかりに輝かしい。高音域を駆使しながらも微塵もよどみがなく、鬼気迫る名演である」(油井正一氏の解説)。聞いて元気を出しています。
■ 料 理
財務省は伝統的に「公共専売としての塩」と「財政専売としてのタバコ」を所管しています。今回の事業仕分の関連で塩事業を勉強してわかったのは、日本には製塩工場が6ヵ所あること、それは瀬戸内の4ヵ所と長崎県、そして私の地元のいわき市小名浜だということです。いわき市沖は「常磐沖」と呼ばれ、寒流と暖流がぶつかるために世界的な漁場だとは学校で教わっていました。それが製塩にも向いていたということです。先日宿舎の近くのスーパーで小名浜製の塩を見つけ、愛食しています。
■ 健康法
笑いヨガ
インド人医師のマダン・カタリア氏が「笑って健康!」を合言葉に始めた「笑いヨガ」。日本にも浸透中です。雑誌「壮快」2011年1月号で、CD付で紹介されています。例えば、カルカッタ笑い・オペラ歌手笑い・母音誘導笑い・沈黙笑い・アロハ笑い・膝抱え笑いなど。よさそうです。
■ 言 葉
「何か学んだか?」
去年から今年にかけタイガー・ウッド(プロゴルファー)は愛人問題で散々な目に会いました。その時タイガーのお父さんが言った一言です。今年を代表する一言だと思います。